「オリーブ色のポスト」 前田和亮

君に手紙を書きました
大した話じゃないけれど
せっかくだから遠出して
オリーブ色のポストまで

毎日元気にやってますか?
人混みに疲れてないですか?
こちらは相変わらずの日々です
でも君がいないのが寂しいのです

海を越えて君の住む街へ
ふるさとの匂いが届くように
離れてても忘れないでいて
ただいまと言える君のふるさと

君に手紙を書きました
メールじゃなんだか味気ないから
町を見渡せる丘の上
オリーブ色のポストまで

海を越えて君の住む街へ
ふるさとの想いが届くように
辛い時は無理しないでいて
抱きしめてくれる君のふるさと

海を越えて君の住む街へ
ふるさとの匂いが届くように
離れてても忘れないでいて
ただいまと言える君のふるさと
抱きしめてくれる君のふるさと

君に手紙を書きました
電話じゃなんだか恥ずかしいから
君が好きだったこの町の
オリーブ色のポストまで

戻る