「Worry Worry」 前田和亮

浮かない顔してどうしたの? 
何もかもが嫌になって 諦めたようなその眼差し
だけどちょっと待って 放り投げてしまうのには
まだまだ早すぎるんじゃない?

うまくいかないことばかり
頭の中蘇って 雁字搦めになってしまうその前に
いつもちょっとだけ 寄りかかれるくらいの距離に
僕がなるべくいるから

涙流す夜超えて となりにいるならせめて
泣きつかれて眠る頃に 毛布をかけましょう
ため息が夜染めて 月の明かりさえ消えてしまっても
僕は言う Don’t Worry Worry

つまんない顔はやめにしない?
何の意味があるのって わかりきったようなその眼差し
だけどちょっと待って どんなこともプラスに変えれる
だからこそ涙は美しい

涙流す夜超えて となりにいるならせめて
泣きつかれて眠る頃に 毛布をかけましょう
街の中に紛れて その声がかき消されてしまっても
見つけよう Don’t Worry Worry

涙流す夜超えて となりにいるならせめて
泣きつかれて眠る頃に 毛布をかけましょう
ため息が夜染めて 月の明かりさえ消えてしまっても
僕は言う Don’t Worry Worry

戻る