「僕の真ん中」 前田和亮

こんなに距離があったけな?でもその方が楽だった
そのうち僕から僕が離れていく気がした

傷つけないようにしなくちゃってオブラートに包んでた
結局僕を守るためで 傷つくのが怖かったんだな

なりたい僕はこんなんだったか?どうして僕はこうなった?

悩んでやめての繰り返し その度自分を嫌うのも
もう疲れたろう?かっこ悪くてもそれでも自分を愛せよ
ゆっくりと今紐解いてこうよ 気がつかないうちに
絡まって見えなくなっていた そのままの自分を愛せよ

きれいに型にはめなくちゃって 心を削ってたら
ちっちゃな ちっちゃな僕しか 最後に残らなかったよ

声をからして大声であなたのために歌っても
「よかったです」「上手ですね」って言葉が僕じゃなくてもいいように思えるんだ

想いの丈を歌にできるのに どうして僕はこうなった?

悩んでやめての繰り返し その度自分を嫌うのも
もう疲れたろう?かっこ悪くてもそれでも自分を愛せよ
ゆっくりと今紐解いてこうよ 気がつかないうちに
絡まって見えなくなっていた そのままの自分を愛せよ

思ってるほど悪くないさ そのままの自分を愛せよ

戻る