「幸せであるために」 前田和亮

僕はわがままな生き物です 
今日も欲しがってばかりなのです
損得勘定をぬきにして 
君のために何が僕にできるだろう

まるで椅子取りゲームのように 競い合い 奪い合って
最後のひとりになったときに 
誰に「幸せ」と言うんだろう?

幸せを比べながら 僕らは欲張ってばかりだ
本当に大切なものは きっときっときっと少ししかない

僕は単純な生き物です 
君に会いたくて仕方ないんです
つまらない感情をぬきにして 
君のことをもっと大切にできたらな

まるでアルバムをめくるように よみがえる想いがある
大切なのはそばにいることじゃなく 
君を心に抱くこと

幸せを確かめようと 僕らは不安になってばかりだ
本当に大切なものは きっときっときっとその手にある

歌うこと 絵を描くこと 料理をすること
長話すること ビール飲むこと そして君がいること

幸せであるために 僕らは明日へ向かうのです
僕らの心に希望のあかりが灯る今日でありますように

幸せを願うほどに 心を満たしていくのは君です
本当に大切なものは きっときっときっと少ししかない

戻る