「じゃあ、またね。」 前田和亮

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてくから
ついつい欲張って独り占めしそうになるけど

優しすぎる君に甘えてばかりいられないから
そろそろ重い腰をあげようかな

急にひとりきりになると 気になる心のすきま風
何かを失ったわけじゃない 靴を履いて出かけよう

じゃあ、またね。って手を振った でもそれはサヨナラじゃない
約束なんてしなくたって きっとどこかで会えるよ
夕暮れの交差点 もうすぐ夜が迎えにくる
名残惜しいけど もう行かなくちゃ

悲しい時間はずっと続くような気がするから
クヨクヨうつむいて立ち止まってしまう

急にひとりきりになると 苦になる心の独り言
耳を塞ぐ必要はない 鼻歌でも口ずさもう

じゃあ、またね。って手を振った でもそれはサヨナラじゃない
歩くことやめなけりゃ きっとどこかで会えるよ
夕暮れの色した 自転車にまたがって
遠く離れてく 君見送る

決して追いかけないように だけど忘れないように
すがらずに大切にできる僕であれたら

じゃあ、またね。って手を振った でもそれはサヨナラじゃない
約束なんてしなくたって きっとどこかで会えるよ
夕暮れの交差点 もうすぐ夜が迎えにくる
名残惜しいけど もう行かなくちゃ
遠く離れてく 君見送る

戻る