「心の雨に小さな傘を」 前田和亮

やまない雨なんてない でもいいことばかりなんて続かないさ
晴れ間がさしたら 歌おう君も一緒に

あの人がうらやましくなって憧れてまねをしてみたり
なんか急に悔しくなって だめなところ探したりして
僕が僕であることは思ったより難しいなって
わかったような台詞に酔って見て見ぬふりをする

心のカーテンを閉めたまんまじゃ 息が詰まるから
窓を開けてさぁ深呼吸

やまない雨なんてない でもいいことばかりなんて続かないさ
涙を流すたび1人じゃないことを知るのです
いらないピースなんてない かたち合うまで何度だって繰り返そう
いつか寄り添えるその時がくるまで

なんだかすべてが嫌になって 丸めて捨てた夢もあったけど
なんか急に僕が僕でなくなったような気がした

つぎはぎだらけでも美しいものがある
繋いだ想いを吸い込むようにさぁ深呼吸

やまない雨なんてない でもいいことばかりなんて続かないさ
優しさにくるまって 明日を夢見ながら眠るのです
いらないピースなんてない かたち合うまで何度だって繰り返そう
きっと心はカタチ変えていけるから

君の好きな色は何色ですか?
その色があれば描けない世界はないから
僕と君が生み出すNEW COLOR

やまない雨なんてない でもいいことばかりなんて続かないさ
心に降る雨に傘をさすようにこの歌を
やまない雨なんてない 泣きながらも前に進んでいこう
晴れ間がさしたら 歌おう君も一緒に

戻る