「君が離れていく前に」 前田和亮

僕の馬鹿げたつよがりとか羞恥心のせいで
君との距離さえも縮められずにいた ひと夏の物語

君のあの笑顔も あの仕草も ふとした時よみがえる
僕のくだらない冗談に君は いつも笑ってくれたね

君が離れていく前に 僕の気持ち伝えていたなら
今の辛さとか切なさも 少し楽になるのかなぁ・・・

僕がもう少し男らしく 君の手をひいていたなら
そうやって後悔をしている僕だから 
やっぱり男らしくないね

君が離れていく前に その左手握りしめたなら
僕らの未来に一筋の光射していたのかな・・・

君が離れていく前に 僕の気持ち伝えていたなら
今頃遅いとは知りつつも そばにいたいのは君
あの頃に戻れるなら・・・
「君のことが好きです」

戻る