「大嫌い、大好き。」 前田和亮

君の名前が好きです 君の癖のある文字が好きです
幸せって笑う君が好きです 意外と真面目な君が好きです

君のえくぼが好きです 君の電話越しの声も好きです
ほんと泣き虫な君が好きです 意外と寂しがりやな君が好きです

何度も夢で君を見た 目が覚めて泣いてた夜もあった
何かいいことありましたか? 眠れない夜はないですか?

会わないって言って もう会わないって言って
たとえそれが嘘でもかまわないよ
大嫌いって言って 君が大嫌いって言って
甘い期待残さないように

君のわがままが嫌いです いつも寝顔を見せないとこが嫌いです
嫌いなもの僕に食べさすところ嫌いです 意外と片付けできない君が嫌いです

いくつも嫌いを並べてみた 思ったより簡単に浮かぶもんだなぁ
でもそれはまるでオセロのように 裏返って好きに変わってしまう

会いたいって言って また会いたいって言って
たとえそれが嘘でもかまわないよ
大好きって言って 君が大好きって言って
僕の心の中の君のように

君じゃなくちゃもうダメなんだよ
誰かと出会っても比べてしまうんだ
押し付けの愛情とわかっていても
わかっていても…

いつか僕に言ったように 僕以外の誰かに
幸せってささやく日がくるでしょう
その笑顔さえも 鮮明に描けてしまうから

いっそ大嫌いになって 僕が大嫌いになって
いつかくるその日に心揺れないように
怖いくらいの愛と涙を知った
君が大嫌いで大好き
君が大嫌いで大好き

戻る